image-53

忌避剤を散布

アライグマ駆除では駆除したあとは侵入口を遮断します。
ねずみ駆除の場合は忌避剤を撒きます。
ここでは忌避剤について説明します。

■忌避剤
忌避剤をねずみの侵入してくる場所に忌避剤を散布することでねずみが侵入しないようにします。
忌避剤には様々なタイプがあり、スプレータイプ、設置タイプ、くん煙タイプがあります。
それぞれ特徴があるので、目的に合った使用をすることが大切です。

Read more
image-54

侵入口の遮断

アライグマ駆除する方法の初めの作業は追い出しや捕獲をします。
それらの作業が終わったら、侵入口の遮断をする必要があります。
ここでは侵入口の遮断について説明します。

■侵入口の遮断
アライグマのような大型害獣は8~10cmほどの隙間があれば侵入することはできます。
さらに屋根などよりも天井裏に侵入することが多いです。
大型害獣は力が強いので遮断した場合も破壊される場合があります。
ですから金網、材木などの頑丈なもので遮断する必要があります。

アライグマ駆除方法よりもねずみ駆除方法の方が種類は様々あります。

Read more
image-55

ねずみ捕り

アライグマ駆除方法には様々な種類があります。それと同じようにねずみ駆除にも様々な方法がありますが、ここではバネ式やカゴ式のねずみ捕りについて紹介します。

■ねずみ捕り
バネ式やカゴ式のねずみ捕りというのは、テレビなどでよく見る餌をしかけてねずみを捕獲する方法と似ています。
ただ単に餌を仕掛けるのではなく大事なポイントがあります。
ねずみというのはとても警戒心が強いので、ねずみ捕りだけに餌を置くのではなく、ねずみ捕りの周りにも餌を置くというのが大事なポイントです。
それだけではなく、バネに餌を準備しないで、ただ餌だけをまいておくという方法もあります。
こういった方法を繰り返し行うことで、ねずみの警戒心は解かれます。
ねずみの警戒心を解くことがねずみ捕りで捕獲する確率を高めるポイントです。

Read more
image-23

捕獲

アライグマ駆除の駆除方法としてまず追い出しを行う方法があります。
別の方法としては追い出しを行わず、アライグマを直接捕獲するという方法もあります。
ここでは捕獲の方法について説明します。

■アライグマの捕獲
アライグマの捕獲をするには有害鳥獣駆除の申請を行わなければいけません。
この申請は保健所や市役所で手続きすることができます。
申請が許可されて初めて捕獲ができます。
捕獲の方法にはいくつか種類があります。
手取り、射殺駆除、ワナ捕獲、という方法です。基本的にはワナ捕獲の方法で捕獲をします。
ワナ捕獲の捕獲方法とは檻カゴや虎バサミでアライグマを捕獲する方法です。
しかしこのワナ捕獲をするには資格が必要なので、資格を持っていないとワナ捕獲で捕獲することはできません。

アライグマ捕獲方法にも種類が様々あるように、ねずみ駆除にも駆除方法は様々あります。

Read more
image-21

追い出しとは

ねずみ駆除やアライグマ駆除などそれぞれの駆除には色々な方法があります。
アライグマ駆除の方法としては、基本的には2つの方法があります。
捕まえてから侵入口を遮断するか、追い出してから侵入口を遮断するか、という2つの方法です。
ここでは追い出しの方法について説明します。

■追い出し
アライグマの追い出し方法としては、天井裏などに燻煙剤を焚いて煙を利用します。
そのほかにもハッカ油などの嗅覚忌避剤を撒きます。
追い出しに大切なことは、脱出口から遠い場所から煙などを焚くことです。
場合によっては煙やハッカ油などで追い出しをするのではなく、爆竹などを利用して爆破音で追い出すこともあります。

Read more
image-19

ねずみが発生しやすい原因

ねずみ駆除やアライグマ駆除を考えている人は多いと思いますが、まずなぜねずみやアライグマが発生するのかを考え方が良いです。
動物は住みやすい環境、好む環境というものがあります。
そういう環境に当てはまるほどねずみは発生しやすくなります。
たとえねずみ駆除をしたとしてもねずみが好む環境にあると、また発生する確率が高いです。
ここではねずみが好む環境について紹介します。

■ねずみが好む環境
・エサがたくさんある環境
エサがたくさんある環境とは、生ごみがとりやすい環境にあるとか、ペットフードを出しっぱなしにしているとねずみが発生しやすくなります。

・巣を作りやすい環境
新聞紙や雑誌が部屋の中で散らかっているとねずみは巣を作りやすいです。
その理由は新聞紙などを利用して巣を作るからです。

Read more
image-17

ねずみの種類

ねずみ駆除と言ってもねずみには様々な種類がいます。
基本的に野外に住んでいるねずみを野ねずみと言い、野ねずみの中にもアカネズミ、ハタネズミなどの種類があります。
こういったねずみの種類を知ることはねずみ駆除にも役に立ちます。
ここでは代表的なねずみについて紹介します。

■ドブネズミ
ドブネズミは体長は250mm程度で体重が150g以上あります。
基本的に肉食で何でも食べる雑食です。
ドブネズミが生息している場所は下水や台所、ゴミ捨て場などです。

■クマネズミ
クマネズミは体長約15~24cm程度で体重が150g~500gぐらいあります。
主に穀物を食べる雑食です。
天井裏などに生息していて、基本的に乾燥している高い場所を好みます。

こういった特徴を知っておくことは駆除をする際に大事なことといえます。これはアライグマ駆除やシロアリ駆除についてもいえます。

Read more
image-15

アライグマとは

通常生き物を駆除するとなるとねずみ駆除やシロアリ駆除が一般的と思われますが、現在ではアライグマ駆除というものあります。
アライグマ駆除と言っても、アライグマがよくわからないという人は多いです。
ここではアライグマについて説明します。

■アライグマ
アライグマというのは夜行性の動物で体長約60~100cm程度、体重が4~10kg程度の動物です。
なぜアライグマ駆除が増えてきているかというと、従来まではペットとして飼われていたアライグマが捨てられていきそこから野生化して増えていったと考えられます。
アライグマに関する被害としては家に侵入して、フンや尿をして汚していくという被害です。
それだけではなく農作物を荒らしたりする被害も増えてきています。

Read more